ソリューション

コスト削減ソリューション

部品点数・組み付け工程を削減するには?

エクスチェンジブロー成形をおすすめいたします。

40%以上のコストを削減

従来は金属とゴムホースで構成されていた部品のエクスチェンジブロー製品化した例です。
エクスチェンジブロー成形品を採用することで40%以上のコスト削減が図れました。

エクスチェンジブロー成形品を採用することでコスト40%以上削減
エクスチェンジブロー成形品実用例
エクスチェンジブローとは、ソフト材とハード材を一体ブロー成形する技術。自動車メーカー各社で採用。海外にも技術供与。
エアフローチューブの場合
  従来法 MES-EXCHANGE
(PP+TPO)
コスト差
総コスト 100.0 56.8 -43.2
組立工数 7 4 -3
素材費 11.1 12.2 +1.1
加工費 35.7 24.3 -11.4
ゴム部品 29.8 0 -29.8
レゾネーター 9.5 9.5 0
インサート部品 0 5.2 +5.2
クランプ 13.9 5.6 -8.3
エアフローチューブの従来法とMES-EXCHANGEのコスト差グラフ